4月3日 地域貢献活動の一環としておこなっている、本社社屋前の道道士幌停車場線での道路清掃活動も今年で10回目を迎えました。
新型コロナウイルスの感染につきまして、収束状況の見通しが立っていませんが、小中学校は4月8日から新学期が始まることが決定しましたので、例年通りの活動実施としました。
作業は参加職員全員がマスクを着用し、一定の距離感を保ちながらおこないました。
約560メートルをホウキで掃き、2台のロードスイーパーで機械清掃の後、6台の手押しロードスイーパーでさらにゴミを収集していきました。
外出自粛など暗いニュースが続きますが、新学期を楽しみにしている子どもたちや町民たちが少しでも明るい気持ちになってくれればと思います。

【北海道通信・北海道建設新聞】平田建設が本社前道道を清掃

【十勝毎日新聞】平田建設が道道士幌停車場線を清掃