4月30日 新型コロナウイルス感染拡大により慢性的なマスク不足が続く中、弊社の備蓄マスク3000枚を士幌町へ寄贈しました。士幌町には、町立の「士幌町国民健康保険病院」があり、新型コロナウイルス感染対応の最前線に立っている医療従事者や、マスク着用での登校を実施している学生たちが困らないようにと士幌町へ寄贈させていただきました。(4/30現在、学校は休校中)
小林康雄士幌町長からは、「病院、学校、認定こども園など幅広く活用させて頂きたい」と感謝のお言葉を頂きました。

未だに収束が見えず、予断を許さない状況ですが、これからも少しでも町へ貢献できることを考え、実践してまいります。

【十勝毎日新聞社】平田建設がマスク寄贈
【北海道建設新聞】マスクを寄贈し士幌町から感謝状